123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-12-13 (Tue)
父の通院記録。
12/13

前回(11/29)の精密検査以来2週間をおいて
本日、経過を診て貰いに眼科(A病院)に行った。

結果は前回と殆んど変わらずで、まだ出血の範囲が
縮まっておらず、ポリープ状脈絡膜血管症に対する治療は不可能との事。
よって、さらに一ヶ月の経過を待つこととなる。

いくらなんでも、あと一ヶ月も待ってから、、、。
それも必ず状態が良くなって眼の治療に掛かれるという保障はないわけで
やはり癌の治療を優先させたいと思い、
眼科医にそれまでに癌治療の入院の手続きを進めてよいかを尋ねた。

眼科医は入院先からの通院になるがそれが出来るなら構わない。
眼科医としてはとにかく来年1/10にもう一度検査をしますとの事だった。

というわけで、帰りに予約は入れていなかったがちょうど成人病センターの主治医の
診察日だったので飛び込みで主治医に時間をとって頂いた。

また一ヶ月待たなければならなくなった旨をつげると
しばし考えておられたが、
結局、来年まで持ち越すこととなった、、、。

来年の1/10に眼科(A病院)へ行った際に
眼の検査の結果でポリープ状脈絡膜血管症の治療が
出来る出来ないのどちらであっても、ひとまず
「癌の治療は可能である。」ということを眼科医に一筆書いて
頂くようにとのこと。そして

まず、1/5に暫くとっていない胸部と腹部の造影剤CTの
検査をする。副腎癌の進行具合を見る為。
(主治医曰くまだ緊急を要する状態にはなっていないだろうとのこと)

で、1/10のA病院の帰りに成人病センターにて
すべての結果を合わせて入院手続きをするという流れでいくことに決まった。

なんとなく年を越しそうだなぁと思っていたがやはり
そうなってしまった、、、。

実質、今年の5月にイレッサによる治療を行って以来
(これはまったく効果がなかった。)
癌に対する治療は何も行っていない状態で

今回の眼の病気の発覚は仕方ないにしても
無駄な期間を過ごしてしまってるような不安が常にある。

まあ、当人の健康状態は自覚症状も何も無く
見た目はまったく健康そのものなので

主治医を信じてやっていくしかないんだな。。。

次回 1/5 CT検査(成人病センター)

   1/10 A病院 成人病センター


* Category : 身内事(父のガン闘病記録。)
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ものは考えようです * by ネコいるよ
痛みもないなら、穏やかな状態で年越しを自宅でできる幸せ。満喫されたらいかがでしょうか。

入院すると家族みんながいろんな我慢をしないといけないでしょう?もちろん、患者さんはいちばん我慢を強いられるのですけど。
そんな中での年越しよりも、普通に今までどおりに年越しできて良かったねぇ…と。
がん治療は時間と根気、体力と気力、すべて奪ってしまう恐ろしいものだと思います。効果があるかどうか…これさえわからない中での入院治療ですから、まだ急がなくてもいいというのはとてもいい「年越し」につながったと思って、ふさわしい「年越し」ができるようにしてくださいね。

そう思うようにしよう。 * by のろ
>ネコいるよさん
そうなんですよねぇ。
不安になったり悩んだりしてみても
結局今までもなるようにしかなってないんですもんね。。。
頭ではわかってるんですけど、、、
どうしても胸の奥の方にずっと不安が
潜んでいて「はぁ~。」とため息がでてしまうこともある^^;

けどネコいるよさんの仰るとおり
せっかく今ある時間を
どうなるかわからないことに悩んで過ごしてももったいないとも思うので
ここは頭切り替えて父が穏やかに過ごせる
年越しを出来るようにしたいと思います。
こうして書き込む事で少しずつ気持ちの整理が出来るので、
ネコいるよさんのコメントには
いつも感謝です。ありがとう。^^


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。