12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-16 (Tue)
6/12ハピさん。前回(3/21)から約3ヶ月ぶりの検診に行ってきました。
今回はPBFDの再検査を受けるのが主な目的でありましたが・・。
結論から言いますと今回も再検査は見送る事にしました。

今回の検診日の予約を一週間前に取った時から「あー、今回はついに再検査をするんだなぁ~。」と
いろいろ考えてドキドキの緊張感にさいなまれる一週間を過ごしていた飼い主だったんですが

いざ病院に着いて先生のお顔を見て検査の依頼を申し出る段になって
一気に気弱になった飼い主は「検査してください!」とは言えず
「先生~。検査、どうしましょう~?」と先生に決断を預けてしまいました。(ダメ飼い主ですな

いつも始めに今回までに抜けた羽を持参したものを診て頂くのが定番なんですが
それを見ながら先生の返事は「うーん」といった感じ。
ハピ自身の生えてる羽の状態は外見的にはとても良好なのだけどと前置きして
先生の経験上の話で同じPBFD治療中のインコさんが目に見えて羽の状態が改善し
絶対陰転してるだろうと受けた再検査で結果が陽性と帰ってきたことがあり
その飼い主さんはかなりのショックを受けたそうで
そういうことが少なくはないんですよ。という話。

そして持参したハピの抜けた羽の中にはまだ少し気になるものがいくつかあるので
同じような結果が帰ってくる可能性も覚悟が必要かもしれないと。。。

やっぱりそうなんだー。飼い主としては検査でたとえまた+と出ようが現状の確認をするのは
それなりに意義があることと思うんだけど。
その反面ハピさん自身は今現在すこぶる元気で毎日本当に楽しそうに日々を過ごしてくれてて
そんなハピさんに飼い主の心の安定のために
負担のかかる検査を受けさせるのは飼い主のエゴかしら。。。
(実際前回の検査の後(爪からの採血)3~4日は足を痛そうに上げてたし・・。)
と優柔不断な飼い主は結局再検査を今回も見送る事にしたのでした。

先生も現在糞検査も良好で健康上まったく問題ない状態なので
ハピさんのお友達のお迎えの予定等がないかぎり再検査を急ぐ必要は
今の時点ではないですよー。と言ってくださいました。

そんなわけで引き続きインターフェロンのお薬は継続して経過を見ていきましょう。ということに
なりました。
(新たに前回と同じインターフェロン+乳酸菌+アガリクスを処方しなおしてもらいました。)

その他繰り返す換羽のことやダイエット等いろいろ相談を聞いてもらって
気づけばゆうに一時間を越えていた

病院に行くたび悩みや葛藤の尽きない飼い主ですが

何よりもハピさんが元気にしてくれていることが一番なんだと実感しました。
(毎回そう思ってるんですけどね~^^;)
まんまるハピさん♪

Theme : 小鳥大好き * Genre : ペット * Category :  ・ハピさん。(PBFD通院)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。