123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-04-21 (Tue)
4月の初め頃に一度ハピさんのPBFDに関する記録をちょこっとまとめとこうと思い立って
写真なんかも撮って準備してたのだけど
当のハピさん、PBFDって何よ?ってくらい元気なもんでついつい先延ばしにしてしまっていたよ^^;

最近「PBFD」という検索ワードで私のブログに僅かながらも来られる方がおられるようで
私自身も情報集めの為にいろんなサイトやブログにお邪魔して参考にさせてもらっている身でして
我が子がPBFDに感染して治療を要する事態となればやはり誰でも他の同じような境遇の方の動向は
気になるところ。。。どんな些細な情報も欲しいと思うのが親心なんですね。

サイトやブログを拝見しているとセキセイさんの場合は「陰転しました!」という頼もしい記事もよく見かけ
それはすごい励みになるんですがそれと同時に陰転したセキセイさんの事例をよく見ると
PBFD陽性ではあったけど発症はしておらず(不顕性感染)早期の治療で陰転。っていうのが多い。

前回ハピの検診に行った時先生に分かりきっていることを再び尋ねてしまった・・。
ハピの場合これは発症してしまってる状態なんですよね・・?って。
先生はちょっと気まずそうに「そうですね。。。」と
いまさら変な質問をしてしまってゴメンナサイでした^^;
ココ最近のハピさんは風きり羽も尾羽も伸びて外見上健康な風にしかみえなかったもんで。。。

換羽1回分の羽。お迎え当時からの汚れ羽。
左の画像は一回の換羽で抜けたのを検診時に持っていって先生に診ていただく為に集めたもの。
お迎えから雛換羽を経て何度か換羽を繰り返しているので全ての羽が生え変わっているハズなんですが
右の画像のようなシミのある次列風きり羽がお迎え当時からまだ現在もあと左右に1枚ずつ残っています。
これが全部抜け終わるのを次回のPBFD再検査を受けるかどうかのめどにしています。
今までの換羽で抜けた羽。
ここまでの抜けた羽。かなりの量です。この羽とともにウイルスも体内から排泄されていて欲しい。
PBFD発覚時の羽。4/2抜けた風きり羽。
左の画像がお迎えして最初に抜けた羽。羽軸に黒い血溜りがあります。
(この羽を見てる段階でハピさんのPBFDは発症している(顕性感染)のは歴然でしたね^^;)
が、
右の画像は一番最近抜けた風きり羽。羽軸もまっすぐで透明。
これは良い兆候ととっていいんじゃないかと陰転への希望が沸いてきているところ。

お薬の効果が出ているんだと思いたい。
インターフェロンのお薬。
これがハピさんのお薬一日分。
耳かきに半サジ程度食べてくれれば御の字と先生に言われてましたが
ハピさんこのお薬のお味がたいそうお気に召したようで先生にいうと
インターフェロンに乳酸菌とアガリクスを調合してるものだから食べてくれるのなら
耳かき一杯食べてもOKってことで毎朝10時に投薬しています。
投薬風景。。。美味しそうに食べるのね。^^
このお薬、最初に3ヶ月分として処方してもらったんだけど
3ヶ月過ぎてもまだ半分以上残っていて先生に残りはどうしましょうか?と聞いてみたら
副作用もないし品質的には年単位で持つ薬なので飲みきるまで継続しましょうということで現在も継続中。
7ヶ月飲んでもまだ初めの3分の1くらい残ってます。。。

ハピさんが毎日元気で投薬もとっても簡単で闘病しているって意識が薄く
ほとんどストレスなくここまで来ました。

あとは二次感染予防のための毎日の消毒を心掛けるくらい。
PBFDの消毒といえばビルコンが一般的。
消毒に使用している。
ハピのかかりつけ病院でもビルコンの分包を購入出来るんですが
先生のオススメでこのバイオウィルというのを使っています。
先生いはくこれでもPBFDのウイルスの除菌が可能とのことでしたが
パンフレットにはインフルエンザウイルス・コロナウイルス等の不活化の他に
今まで不活化が困難だったパルボウイルスの不活化が立証されたと書いてあるものの
PBFD(サーコウイルス)についての記述はないので鵜呑みはしていません。

が、これ一般的な食中毒菌や一般生菌、MRSA等の耐性菌や真菌類に有効で
なおかつ安全性も高く(赤ちゃんやペットにたいしての)
止まり木やケージにシューっと直接スプレーして10秒ほど置いたあと水洗いでOKなので
薬剤の安定性などを考えるとビルコン程神経質にならずにすむので
二次感染予防にかなり重宝しています。

確実にサーコウイルスを殺すものではないかもしれないけどウチの場合は
ハピさん1羽飼いなので今のところはこのバイオウイルで消毒して
将来ハピさんが完全に陰転したあかつきにはビルコンで家中を消毒しようと思ってます。

次回検診予定は6月。
顕性感染のセキセイインコでも陰転出来る。というひとつの事例になることが
現在の私の目標なのです。

※全ての画像はクリックしていただくと大きい画像で見れます。。。
Theme : 小鳥大好き * Genre : ペット * Category :  ・ハピさん。(PBFD通院)
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by あざみ
ハピちゃん、すっごく元気だから病気のことなんかすっかり忘れてたよ~。
でも、のろちゃんは毎日お世話して気が気でないよね(>_<)
羽も最初は血だまりみたいなのがあって、凄かったんだ。。。i-241
でも、最近抜けたというお羽、とってもキレイよi-189
ハピさんの先生もすごく信頼できる先生みたいだし、お薬効いて、陰転(って、言うのかな)
してくれることを私も願ってますi-260
なんてったって、ハピちゃんダイエット言い渡されるくらい元気ボーイだもんねi-278

でもお薬直接飲む(つか食べてる感じ?)の初めて見たよi-237

あざみちゃんへ^^ * by のろ
そうなのよ~。ホントハピったら元気炸裂してるから
そんな病気なんてウソみたいi-179
実際検査結果わかって治療開始してからも
もともとつい心配性から過保護にしちゃう私なんだけど
ハピさん自身は私が心配でどうしよう・・・。なんて
思わせるような事一度もないくらい元気i-237
この調子で病気なんか吹っ飛ばしておくれ~!って思ってますi-234

粉のお薬だからねー。私も初め処方された時は
こんなの直接口から食べてくれるんかな~i-181
って思ってたんだけど
ハピさんの食い意地は相当張っていた!
見るなりペロっと食べつくしてくれたよi-229
ダイエットはなかなか難しいけど
ハピさんは食い意地はってるところが元気の源な気もする今日この頃i-278

はじめまして。 * by NAKAちゃん
時々、拝見させていただいてます♪
うちの子もPBFDなので。
ハピちゃん、とても元気そうで、容姿もとてもキレイですね☆
うちは症状が顕著に現れていて、ヒヨコのような状態です。獣医師にも「セキセイでここまで現れるのは少ない」と言われました(泣)
PBFDに治療薬はないから普段が元気なら投薬はなし、と言われ、
羽根も元には戻らないと言われ諦めていました。
ですが、ハピちゃんの羽根が当初のものと比べてとても綺麗になってるので驚いています。
うちの子はほとんどねじれてしまって、カールしてるものもあります。
ハピちゃんの先生は症状が出ていても投薬される方針なのですか?
近ければ診察してもらいたいくらいです。
うちは大阪なんですが、ハピちゃんの病院はどちらになりますか??

初コメントで、立ち入ったお話ですみません。

NAKAちゃんさんへ^^ * by のろ
はじめまして。こんにちは。

NAKAちゃんさんのおうちのインコちゃんは
ウチのハピより症状が大きく出ているのですね・・。
ヒヨコのような状態。
いくつかのサイトなどで同じような子を拝見したことが
ありますのでよく分かります。
どんな姿であろうが可愛い子であることは
間違いないのだけど
生えてきては抜け落ちるのを見守るのは
NAKAちゃんさんにとっては心痛いことと思います。

ウチのハピも検査で陽性と分かった時に
先生から治療をしたとしても必ずしも陰転するとは
言えませんし、最悪羽毛が全て脱落して丸裸になってしまうことも考えられます。と言われました。
その上で万が一陰転せずに羽の形成不良のままであっても
その他の病気(二次感染)に充分注意することによって
長生きさせてあげることが出来ますよ。
とも言ってもらいました。

幸いハピの症状はお迎え時より明らかに改善している模様で
これは治療が効いたのかなと思うところですが
先生はそれについては薬の効果なのかハピ自身の免疫力なのか
どちらとも言えないというところのようです。

PBFDの確固たる治療というのが確立されてない今では
そんなものなのかな~。というのが私の印象です。。。

そんななのでウチの先生も常に現状現状で診て下さっているようで
今、元気(他の病気が無い)でいることが重要という
治療方針のようです。

近々PBFDの再検査を受けるつもりでいますが
もしまた陽性だった場合どんな治療を考えてくださるかは
私も聞いていないので少々不安なところなんですけどね。。。

インコちゃんそれぞれ個体差や発症からの時期や
またウイルスの強弱などで
病院によっていろんな治療があるのかなと思いますので

NAKAちゃんさんの掛かりつけの先生がどうとかは思いませんが
他の病院でセカンドオピニオンを受けるのも
インコちゃんや飼い主に負担にならないようなら
試してみるのも手だと思いますよ^^

ちなみにウチは神戸市の「フォーゲル動物病院」で
診て貰っています。
先生はご夫婦お二人でどちらの先生も
診て下さいますがウチは女先生が主治医です。(優しい先生です^^)
病院のホームページもありますので
電話で相談されてみたらいいかもしれませんね。

ところで、、、以前「なかちゃん」というHNで
コメント下さいませんでしたか?
(違ってたらゴメンなさい^^;)

こんばんは。 * by NAKAちゃん
あらっ?私、コメントさせてもらってましたか?
いろんなブログでPBFDの勉強してるので、どこでコメントしたか覚えてなくって・・・失礼ですよね。スミマセン(汗)

>その上で万が一陰転せずに羽の形成不良のままであっても
>その他の病気(二次感染)に充分注意することによって
>長生きさせてあげることが出来ますよ。
>とも言ってもらいました。

うちの先生もそう言ってました。
セカンドオピニオンで転院した病院です。
大阪の川村獣医科です。大阪では有名なようですので信用はしてるんですが。

>インコちゃんそれぞれ個体差や発症からの時期や
>またウイルスの強弱などで
>病院によっていろんな治療があるのかなと思いますので

うちは、病院に行くのが遅すぎたのもあると思います。
インコを飼うのは初めてなので、無知だったわたしのせいです。
勉強はしたつもりでしたが、あまり几帳面な性格でもないので、油断していたんでしょう。
かわいそうなことをしました。飛ぶこともできなくなったんですから。

長々と大変失礼しました。
一度、かかりつけに投薬のことをもう一度相談して、
その後にフォーゲルさんにも相談してみようと思います。

ありがとうございました。
ハピちゃん、次の検査で陰転してくれるといいですね☆

NAKAちゃんさんへ^^ * by のろ
あー。やはりそうでしたかー。
以前のコメントでタミフルで治療中と伺ってましたので
その後インコちゃんの様子は如何かなぁ。。。と思っておりましたので
もしや!と思いお尋ねしました。
なので失礼とかぜんぜん思ってませんので気にしないでくださいね^^

ということはタミフルでは思った以上の効果はみられなかったということなのかな。。。TT

有名な病院とのことなんで今後またより良い治療法を
考えてくださることを願うばかりですね。。。

それから、NAKAちゃんさん自分を責めておられるようですが
今こうして検査でちゃんと病気を特定されて
その治療のための情報集めに奔走されてるんだから
インコちゃんも分かってくれてると思いますよ。
憎っきはPBFDウイルスそのもの。

インコちゃんは自分のことで一生懸命になってくれているNAKAちゃんさんのそばにいれることが一番の幸せと
思ってると思いますので
闘病で心労もあるかと思うけど
NAKAちゃんさん自身が体調崩さないように気をつけてくださいね!

ハピの陰転を祈ってくださってありがとう!
私もNAKAちゃんさんのインコちゃんにとって
より良い治療に出会えることをお祈りしてますよ!!!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。