12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-12-30 (Sun)
11月末から12月。なんとも慌しく過ぎていき
今日、明日で今年も終わり、、、。

思い起こせば昨年の12月もどんちゃんのことがあり
年末年始気分もさっぱりなかったんですよね。

今年も父の事でバタバタと走り回りあっという間に一ヶ月が経とうとしています。

なんだか12月がキライになりそうです。。。

前回更新から少々空いてしまったんだけど。
父の入院記録。を
父が痙攣を起こして運ばれた加古川市内の救急病院。

前回書いたように色々不信な事が多すぎて、
看護師の連携がまったく出来ていなかったり
医師は医師で、患者である父を一度も診に来ないばかりか
家族である私らの言い分にもまったく耳を貸さず

そのくせ脳に転移があるということで末期がん患者と決め付け
最大量のモルヒネを使いまくり、、、。

父のモルヒネによる副作用での朦朧、幻覚、錯乱はひどくなるばかりで
最終的にはこちらの意見をまったく聞き入れない医師と看護師にたてつく形で
モルヒネを一切中止してもらい、高砂の病院に転院することにした。

転院の手続き中にがんセンターの主治医にも相談をしたのだけど
父の現在の状態は一般的にみると確かに末期という判断をされても
おかしくない病期ではあると。

実際、主治医のうけもつ肺がん患者で遠隔転移のあった患者では
一年前後で亡くなるケースが多いそうで
父の場合は抗がん剤治療、放射線治療の効果が目覚しく良かった例で
主治医自身も父に対しては病期だけではかるのではなく
積極的に治療を行って後ろ向きな事は話さずに
父の事をみていたんだ。ということを話してくださいました。

しかし今後の事については
予定していた副腎の抗がん剤治療は現在の父の状態では見送らざるを得ないということで

ひとまず全ての治療情報を提供するので高砂の病院で体力回復を待つことを進言された。

さらに今後また同じ痛み、痙攣を繰り返す可能性は大変高いので
介護保険の利用と在宅看護なども頭において
整えておく方がよいでしょう。と。


12/20に高砂の病院に転院し
高砂の主治医ともよく話し合って
(こちらの医師は前回入院の際に父の状態をよく診て貰っていたので話が早かった。)
今のところ父に対して痛みも出ていないので何もすることはないが
かなりの量のモルヒネを使っていたので
朦朧、幻覚等が治まるまでしばらく時間がかかるだろうが
経過を見ていこうということになった。

実質、12/9にモルヒネを中止して
現在に至るが当初は朦朧がずっと続き
意識がある時も混濁していて会話はまったく成り立たず
しきりに「この船はどこにつなっがってるのか?」とか
意味不明なことばっかりを言っていたのだけど

高砂に来てから少しづつ日に日にまともな会話も出来るようになってきた。
眠気が来た時はまだ時々おかしなことを言うのだけど。

そんな父を見守りつつ私と母とで今後の事を話し合い
高砂の主治医からもいろいろ話を聞いて
在宅介護、訪問医療をうけるべくその手続きを先日12/28に行いました。

自宅で介護となるとそれなりの準備が必要なのですが
来年1/4に介護保険の認定も行われる予定で
おそらくそれを使って電動ベッドや車椅子なども借りれるようなので

これまた高砂の主治医のすすめで12/31~1/3のお正月期間
外泊許可をもらって自宅で過ごすことになり

実際、家で介護を行ってみてどんなものかを体験してみることになりました。

まだほとんど準備が整っていない家なので不安は不安なんだけど
ムリが生じた場合はお正月中でもいつでも病院に戻ってきていいと
言ってもらっているので
父のためにも母と私とダンナとで頑張ってみようと思っています。

家に帰れば父の意識ももっと覚醒するんじゃないかなって
希望を抱いて。。。


* Category : 身内事(父のガン闘病記録。)
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by こうたった
のろさん こんにちは。
年末年始はお父様を介護されたのですね。
うちも右半身麻痺の母と2日家で過した時は大変でした。
今は老人保健施設に入っていますが、自宅介護はものすごく大変だと痛感しました。
病院はお父様の病状と経過を把握しているところにもどれてよかったですね。
これからも大変な事があると思いますが乗り切ってくださいね。ご自身もときどき体を休めたり気晴らしすることも大事だと思います。応援してます。ではでは。

こうたったさんへTT * by のろ
お返事遅くなってごめんなさいTT
こうたったさんから頂いたコメントはすぐに読ませて頂いて
とても励みになりありがたく思ってたんですけど
今日記事に更新したような状態で
なかなかお返事が出来なくて。

自宅介護の大変さ、お正月に体験して
私らも痛感しました。
それでも父がまだ少しでも現状を認識できている時に
連れて帰れた事が今となっては本当によかったなと
思ってます。

今後はもう治療などを行う事も無く
不安を取り除いて穏やかに穏やかに父が過ごせるように
側についていてあげようと思ってます。

こうたったさん。ほんとうにありがとうね。
超遅くなってしまいましたが
今年もどうぞよろしくお願いいたします。。。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。