12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2007-10-26 (Fri)
父の入院記録。
10/22突然の痙攣、意識喪失で脳梗塞の疑いありで緊急入院となった父。

意識はすぐに回復し入院時にさまざまな検査を行い脳のほうの画像上も特に異常は認められず
仮に小さな脳内出血があったとしてもそれはすぐに診断のつくものではないらしく
しばらく様子をみることになっているが
その時以来痙攣や意識喪失等は起こっていない。

脚、腰、肩、背筋に激痛を訴えていることに関し
がんからの痛みなのか整形外科的痛みなのか、原因を探す為に
10/23に検査を実施。
その間も痛みが激しすぎるということで確定がつかないままではあるが
癌痛に使うオキシコンチン錠、アンペック坐剤(ともにモルヒネ系)を
処方され使う。

10/24整形外科医の診断で頚椎、腰椎の画像上、骨には転移はなく
(これはがんセンターで骨シンチをとった時の結果と同じ)
がんからくる痛みではないことがわかる。

痛みの原因は頸椎の一部に骨の変性(突起のようなの)があり
それが頚椎の横を走る太い神経を圧迫していることから起こっているとのこと。

原因がわかったが治療は可能なのかというと
場所が悪いらしく手術はもちろん神経ブロック等の治療も出来ないとのことで

各種ある痛み止めで痛みのコントロールをすることと
後は普段の姿勢や就寝時の枕の高さ等で圧迫を少なくするくらいしか手立てがないらしい。

現在も痛みがずっと継続している状態で通常の整形の痛み止めではなかなかコントロール出来ずモルヒネ系の薬で痛みを抑えているので
その副作用で眠気や吐き気があり

入院して昨日で4日経過したがほとんど朦朧と眠っていることが多い。

最初に出された今回の入院計画は1週間の予定。
昨日主治医(高砂の)とも話をして
父の最大の課題は放射線治療の再開とその後の抗がん剤治療であるので

このようにずっとモルヒネの副作用で朦朧とした状態では
到底困難なのでモルヒネ以外の薬で痛みをコントロール出来るように
他の薬を試してみることになりました。

退院予定の月曜までにうまく痛みのコントロールができる様になればいいのですが・・・。
* Category : 身内事(父のガン闘病記録。)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。