12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2006-02-08 (Wed)
父の入院記録(1/25~2/8)
治療計画が変更になり、本日2/8退院となりました。
<1/18に一回目の抗がん剤点滴を入れてから2週目。>

1/26血液検査 白血球6400 骨髄抑制の副作用の心配なし。

1/27~1/29外泊許可もらい自宅へ帰ってゆっくりしたが
ちょうど寒い時期で風邪を引いてしまい微熱が出る。
日曜の晩に病院に戻ったとき熱が38.9℃まで上がってしまい
主治医に連絡を取ってもらって解熱剤を処方してもらう。

1/30レントゲン異常なし 血液検査 白血球6400
血中のクレアチニンの数値が上昇気味(腎機能の低下)とのことで
水分を出来るだけ多く摂るように言われた。
これは抗がん剤(シスプラチン)による副作用とのこと。
発熱の原因は風邪で副作用によるものではないので心配なし。
食欲なし。


<抗がん剤投与から3週目。>

2/1熱が下がったので食欲も少し戻ってくる。
そしてついに頭髪が抜け始めた。(時期としては説明を受けていた通り。)

2/2血液検査 白血球5400
クレアチニンの数値上昇したまま下がらず。

2/5頭髪が10本単位でゴソっと抜け出したので
外出許可をもらって病院側の散髪屋でさっぱり坊主にしてもらった。
この日からニット帽が手放せなくなった。

2/6レントゲン異常なし 血液検査 白血球5400
マーカー1600 クレアチニン上昇のまま。

2/7主治医と面談。
ここまでの経過をみて、骨髄抑制による白血球の減少などの
副作用、嘔吐などはなかったが

血中のクレアチニンの数値が基準値(0.4~1.1)より高い1.30くらいから
下がってこない。
これは抗がん剤(シスプラチン)による腎機能低下の副作用で
クレアチニン(老廃物)が尿によって排出されず血中に留まってしまっているということらしい。

このままもう一度シスプラチンを投与すると腎機能が潰れる可能性があり
そうなると他の抗がん剤も一切使えなくなってしまうことになるので
第2クールからはシスプラチンの投与は中止しなくてはいけないとの事。

よって前回(1/18)のシスプラチンとドセタキセル併用の化学療法は

第2クールでは行わずドセタキセルのみの投与で化学療法を行う事になった。

ドセタキセルのみの投与の場合、嘔吐等の副作用も少なく
父の場合、大きな骨髄抑制も出なかったので
外来による化学療法に変更しましょうとのこと。

本日2/8 第2クールスタート。
ドセタキセル100㎎の点滴投与。(約3時間)を受けて
とくに異常も出なかったので午後から退院。帰宅しました。

第3クールは3/1に外来による抗がん剤(ドセタキセル)投与の予定だが
それまでの間に週に一回血液検査のために通院する。

まずは、2/16にレントゲンと血液検査と主治医の診察の予定。





結局シスプラチンは中止ということになったが
実際シスプラチンが癌に効いたかのかどうかは第1クール終了後では
まだ判断できる段階にはないとのことでそれはマーカーでも
大きな変化をみることは出来なかった。

腎機能低下という副作用が出てしまったのだからどうしようもないし
つくづく癌の治療とは難しいものだなあと思う。

父は当初の計画が変更になってしまったことにちょっと動揺してたけど
主治医にしっかり説明を聞いてなんとか納得できたようだ。

いろいろ制限のある入院生活から外来治療になったこと自体は
精神的にはいいことなんじゃないかなぁと私も思っています。

家で好きなことして明るく前向きに治療に取り組んで欲しいな。
* Category : 身内事(父のガン闘病記録。)
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

退院おめでとうございます。 * by みいる。
お父さま、抗がん剤治療を受けられているんですね。
予定を無事に終了してよかったですね。退院おめでとうございます。

抗がん剤は人によって合う合わないがあると思います。(恥ずかしながら3年前まで病院勤務していましたv-356)新薬もどんどん開発されているので、お父さまにあった治療が今後も受けられるといいですね。

>みいる。さん * by のろ
ありがとうございます。

病院勤務ということは看護師さんだったのでしょうか?
ウチの父も何度も入退院を繰り返してますけど
そのつど、看護師さんの心配りに助けられて感謝してます。

そうですね。すぐに劇的な効果を得られるお薬って
残念ながら今のところはないようですが(父にとっては)
希望をもって主治医と相談しながら
今後も頑張って治療にあたりたいと思ってます。v-91

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。